【コラボ写真撮影会】レトロかわいい子供写真をつくる方法

子供の写真といえば、楽しそうに笑ったり可愛い瞬間を撮影した写真が多く、自作でアルバムをつくる人も増えてきました。

子供のアルバムをつくるのは楽しいけど、何回か見ると紙が傷んでしまうのがイヤという人も少なくありません。

せっかく子供の成長記念に撮影した、その時にしか撮ることができない子供の写真なのに、アルバムはできれば綺麗な状態で特別な日に家族で見返したいもの。

そこで今回は、気に入った子供の写真を身近な場所に飾って、毎日見ることができて、レトロで雰囲気のある「おしゃれな子供写真」をつくる方法を紹介したいと思います。

今の時代は、アンティークな家具と一緒にレトロでかわいい子供写真を飾る家庭も多いので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

オシャレな子供写真ってどんな写真?

オシャレで部屋に飾りたくなる子供の写真が次のような写真です。

  • 芸術作品のような写真
  • ビンテージ調で古びた写真
  • 少しノイズがはいったフィルムのような写真
  • シンプルでストーリー性を感じる写真
  • レトロな雰囲気のある写真

もちろん人によって、オシャレの感じ方が違うので「カラフルで明るい写真」がオシャレだと感じる人もいるでしょう。

では「オシャレ」だと感じる、上記の写真について見ていきましょう。

芸術作品のような写真

最近は画像編集アプリの進化で写真を絵画風に加工をする人も多く、自作した子供の作品を飾ればオシャレな部屋になり、お客様が来た時の話題にもなります。

ビンテージ調で古びた写真

ビンテージ調で古びた写真を飾るのが好きな人もいて、モノクロ、セピアに写真を加工すればオシャレな写真にすることができます。

レタッチに慣れている人なら「Lightroom」や「Photoshop」がオススメ。

最近、写真家の中で話題になっているのが、AIが搭載された「Luminar Neo」も、レタッチ作業を効率化するという意味では、かなりオススメです。

https://creatorofart.net/wp-content/uploads/2023/04/mryo_pro.jpg
写真家リョウ

Luminar Neoについては、下記で詳しく解説しています。

少しノイズがはいったフィルムのような写真

昔懐かしい感じのフィルム調の写真にするのもオシャレだと思います。最近のデジタルカメラは高画質ですが、綺麗すぎて「懐かしさ」を感じられず、インパクトだけの写真になりがちです。

先ほど紹介した加工アプリを使ってフィルム調に加工するのも、オシャレな写真にする方法です。


ー関連記事ー


シンプルでストーリー性を感じる写真

自分で子供の写真を撮る場合は「余白」を意識して撮ってみてください。

その写真を見た人はその「余白」に何かの物語を想像してしまうので、心が揺さぶられてオシャレな写真と思ってもらえます。


ー関連記事ー


レトロな雰囲気のある写真

レトロな雰囲気のある子供の写真は、かわいくてオシャレな写真になるので、部屋に飾ると家に遊びにくる人からも「こんなオシャレな写真つくりたい」と絶賛してもらえますよ。

と、このような写真を見ると僕は「オシャレな写真」だと感じます。

そこで今回は僕の知人であるカメラマンと、レトロでかわいい子供の写真の撮影会をしてきたので、これからオシャレな子供写真をつくりたいと思った時の参考にしてみてください。

アンティークな額に入れてリビングに飾れば、毎日見ることもできて家族の話題も増えるし、オシャレな部屋にすることができます。

子供撮影会を企画した「Color Clips」の紹介

レトロかわいい子供撮影会の企画をしてくれたのは、滋賀県で出張撮影をされている「Color Clips(カラークリップス)」のご夫妻。

Color Clipsは、滋賀県を中心に関西方面で成人式、結婚式、七五三などの出張撮影をされている、フォトグラファー久保さんご夫婦が運営する出張写真撮影サービスです。


滋賀出張写真撮影
画像引用元 : Color Clipsサイトより


実は僕とColor Clipsとは10年以上の付き合いがあり、今でもコラボで作品撮りをしたり、風景写真を撮りにいったり、お茶をしたり、作品展をしたり、いろいろな芸術活動や写真撮影をしています。

Color Clipsとは、ブライダル関係の仕事をご一緒したことがキッカケで、一眼レフのことを教えてもらうこともあり、僕の中では写真家の師匠のような存在です。

今僕が活動をしている「アート×写真家」のキッカケにもなったほど、いつもお世話になっているフォトグラファーご夫婦なんです。

笑顔あふれる自然な写真が特徴的

「Color Clips」の写真は、オシャレで明るくて自然な笑顔あふれる雰囲気の写真が多く、たくさんの人から喜ばれています。

僕の写真はどちらかといえば芸術的で少し暗い写真なので、一部の「コアな人」しか感じてもらうことができない写真。

だけど「Color Clips」の写真を見ると、心がリフレッシュできるような透明感のある写真だったり、レトロでかわいいお子様写真に魅力を感じます。

以前にモデル撮影を一緒にした時の写真を、当ブログで公開してもいいと許可が出たので、ぜひ「Color Clips」の魅力に触れてみてください。

colorclips 滋賀 写真
モデル : hachi(@hachi_24_8)』さん

明るくて、柔らかくて、爽やかで、透明感があってオシャレですね。

レトロな雰囲気も美しいです。

このようにColor Clipsご夫妻が撮影したポートレート写真は、透明感があってオシャレで部屋に飾りたくなりますよね。

それではここから、Color Clipsご夫妻が撮影した、レトロかわいい子供写真を紹介させていただきますが、子供撮影会の様子を公開している動画もあるので、ぜひ見てください。



この企画でヘアーメイクを担当された方は、美容師Jono Naomi(パロン美容室オーナー)さんです。

インスタグラムでも活発に活動をされている様子が投稿されていて、オシャレなヘアーメイクを得意とする美容師さんです。

ちなみに動画撮影と編集は、僕が担当させてもらいました。

Color Clipsのレトロかわいい子供写真

まずは、こちらのレトロかわいい子供写真。動画のサムネイルにもなっていて、ピンクの世界観を強調したレトロかわいい子供写真です。

僕がオシャレと感じる写真として、先ほどお伝えした「シンプル」と「レトロな雰囲気」が組み合わさってできた写真。

装飾物をできる限り最小限におさえて、余白を大きくつくることで子供の存在感を引き立たせる構図ですね。

しかも、背景のピンクと同じ色のクマのぬいぐるみを置くことで、写真全体に統一感がでています。

ピンク背景にピンクのクマのぬいぐるみが埋もれないように、クマの背景に影をつけているところがポイントだと思います。


次にこちらの写真。

お子さんの表情もすごく自然で、撮影なれしていると思っていましたが、ご両親に話を聞くと「自宅でYouTubeをよく見ているから撮影のイメージがあるんでしょうね」とのこと。

最近は、普段からアーティストのように振るまう遊びをしているようで、カメラの前に立っても緊張しない子が多いことにビックリです。

このように、あえてカメラを見ずに横を向いている感じは、何か気になるものがある子供らしさを表現するのに効果的ですね。

もしお父さんお母さんがこのような表現を撮影するなら、連写機能を使って撮影するのがおすすめです。

連写をすることでその中の1コマに、子供の自然な表情が残り、かわいい瞬間を撮ることができます。

たとえ写真にしなくても、お子さんとカメラモニターを見返して楽しむこともできます。


次にこちらの写真。

先ほどの写真と同じシチュエーションですが、先ほどの写真と違って薄暗いのは、カメラの設定やレタッチをしているからです。

このような、オシャレでレトロかわいい子供の写真なら、アンティークな写真立てにも合うし、どう飾るかお子さんと一緒に楽しむこともできます。

一眼レフカメラを持っている場合、マニュアルモード(手動)を使って「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を調整することで、同じシチュエーションでも、違った雰囲気で撮ることができます。

ただし基本的な一眼レフの知識が必要になり、何回も何回も撮影をしていくことで、イメージ通りの薄暗い写真や「玉ぼけ」効果のある写真を撮ることができます。

スマートフォンやコンパクトデジカメでは出すことができない、一眼レフだから撮れる「玉ぼけ」なんですね。

もしお父さんお母さんが、上のように薄暗くてかわいい子供写真を撮るなら、ある程度明るい写真を撮ったあと、レタッチアプリで「露光量」を下げたり、色温度を調整する方がいいでしょう。

そういった調整を簡単にできるのが「Lightroom」という、レタッチアプリですLightroomを使うことで、オシャレでレトロな子供写真にすることができます。

さらにまた同じ質感をLightroomで出したい場合は「プリセット」をつくっておけば、バラつきがなく同じ質感の写真にすることができます。


次はズーム(アップ)気味で撮影した写真です。

羽根を吹いて飛ばそうとしている、無邪気でかわいいお子さんの表情をズーム(アップ)で撮っても面白いですよ。羽根のかわりに、シャボン玉を吹いてもいいでしょう。

この時に撮影をするポイントは、夢中になって遊んでいる感をだすためにカメラ目線ではなく、羽根やシャボン玉を見てもらうこと。といっても、自然に目線は飛ばそうとしているモノを見てしまうので、その自然の表情をねらえばいいんですね。


そしてもう1枚の無邪気だけど、オシャレでレトロな子供写真がこちら。

本当にいろいろな表情をだしてくれるお子さんでしたが、とくにモデルをしているわけでもなく一般のお子さんです。

写真が好きなお子さんだったので「自分からいろんな表情やポーズをしてくれたので楽しかった」とColor Clipsご夫妻も喜んでいました。

子供撮影会に参加してみる

Color Clipsは、滋賀県を中心に関西で結婚式の前撮りなどをされているフォトグラファーご夫妻ですが、これまで紹介してきた写真のような、オシャレでレトロな雰囲気をテーマにした撮影を企画されることもあります。

アートなヘアースタイルが得意なヘアメイクさんや、和装をオシャレに着させてくれる着付師さんたちと撮影会をすることもあって、僕も時々そこに参加させてもらうことがあります。

撮影費用も、写真館などにくらべるとリーズナブルです。たとえば、こちらのインスタグラムにアップされている子供撮影会のように。

※下記の撮影会は終了されています。今後の撮影会のお知らせを楽しみにしていてください。

ただ撮影するだけではなく、どんな写真にしたいのかわからない場合は、一緒に考えて提案もしてくれます。

これからの時代は、お客様と一緒に価値のある写真をつくることが重要になってきます。

Color Clipsは、まさに今の時代にあったフォトグラファーだと思います。

最後に

今回は、オシャレなレトロかわいい子供写真をつくる方法ついて話してきましたが、いかがでしたか?

今回の記事を読んで「なんだリョウさんの知り合いの宣伝か」と思ったかもしれませんが、決して宣伝目的で書いた記事ではありません。

Color Clipsからは、宣伝費用をいただいているわけでも、お願いされたわけでもなく、僕が動画撮影に参加してみて、オシャレな撮影会だったので「ぜひ記事させてほしい」とお願いして書きました。

僕には子供がいませんが、まわりから「七五三の写真だけじゃなく、オシャレでかわいい子供写真も撮ってもらえばよかった」と後悔しているご両親の話をよく聞きます

今では、お子さんの成長に合わせた撮影プランを取り入れているサービスもあります。

1歳、お宮参り、七五三、入学式、卒業式、成人式、結婚式、マタニティーなど、気に入ったフォトグラファーに毎回お願いしている人もいますが、今しか撮れない「子供写真」、今だから撮れる「子供写真」があります。

ファッションにも流行りがあるように、写真にも流行りがあるんです。

その時だから撮れるお子さんの写真を撮って、家族の宝物にしてください。

「Color Clipsの写真撮影に興味はあるけど、まずは相談したい」といった場合は僕がおつなぎいたしますので、当サイトの「コンタクトページ」からメッセージを送ってください。

僕への「紹介料、相談料、お申し込み手数料」は一切必要ありません。

※Color Clipsへ撮影を依頼される場合は、撮影などの費用が必要です。

写真撮影
無料相談受付中

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真撮影の相談

新着記事

  1. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  2. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  3. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  4. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  5. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  6. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  7. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

  8. これから写真家として、理想のフォトライフを過ごしていくためには。

TOP