【ポートフォリオサイト更新】雨の日に東京でモデル撮影をした写真を公開中

先日、東京でモデルの方と雨の日の作品撮りを行い、その時の写真を、僕のポートフォリオサイト『2024年6月 / 東京・吉祥寺』のタイトルで公開しています。

写真家リョウの ポートフォリオサイト

アート写真家リョウのポートフォリオサイトはこちら

今回は、なぜ東京で作品撮りをしたのか、東京のモデルの方とつながったストーリーをお届けします。

モデルの紹介

今回、一緒に作品撮りをしてくれたモデルは『かなえ(@canary.kimono)』さんと言う方。

過去にもモデルとして活躍をされていて、現在は着物が好きで自身でも着付けをするほど器用なモデル。

インスタを見てみると、着物だらけの投稿で和装がとても似合うモデルさん。

かなえさんのInstagram▶︎『かなえ(@canary.kimono)

作品撮りをした経緯

実は『かなえさん』とは、偶然つながったわけではない。

と言うより、“偶然と必然が重なってつながった”と言った方が正しいのかもしれない。

僕は『かなえさん』のことを以前から知っていた。

あれは2008年頃だったと思うが、たまたま見たインターネットのモデル写真で見たのが始まりだった。

知人からの撮影オファーが始まり

当時は写真家として活動をしていなかった僕だが、知人から「今の自分の姿をフォトブックに残したい」と言う希望で、趣味だったカメラでフォトブックを作る機会があった。

もちろん僕には人物を撮影する技術はないため、プロのカメラマンに依頼をし、サブとして撮影をさせてもらうことにした。

そこで僕は自分なりの人物写真のイメージをするために、ネットでたくさんのモデルの写真を見て参考にすることにした。

どのモデルもポージングが上手で、自分らし世界観を表現していると感じていたが、その中で特に惹きつけられたモデルが『かなえさん』である。

髪はロングで清楚な感じ、目は奥二重ような感じで、どことなく親近感がもてる顔立ちをしている。

その『かなえさん』の写真を見て衝撃が走った。

知人からの撮影オファーがなければ、かなえさんの写真を見ることはなかっただろう。

世界観と表現に惹きつけられる

かなえさんに惹きつけられた理由は、可愛さだけではない。

その表現の仕方や世界観の作り方が、綺麗な背景に馴染んでいて、モデルの基本系のポージングをして笑顔の写真ではなく、自分をうまく表現していると思えたからだ。

無表情の写真も多いが、そのシチュエーションに馴染んだ表情。

残念ながらその時の写真をここで紹介するには、かなえさんの許可だけではなく、当時のかなえさんを撮影したカメラマンの許可が必要になるため、現時点では紹介することはできない。

どうしても見てみたいと思ったら、かなえさんのインスタを見てほしい。

当時の写真が少し見れる投稿もある。

かなえさんのInstagram▶︎『かなえ(@canary.kimono)

そんな、かなえさんの世界観と表現に惹かれたことで、今回の東京作品撮りをすることを決めた。

アート写真家リョウのポートフォリオサイトはこちら

雨の日シネマティック写真

雨の日の写真は映画のワンシーンを切りとったような、ストーリーを想像したくなる写真を撮ることができる。

当サイトで何度も話しているが、雨の日は強い反射光がないため、人物や風景の自然な表情を捉えることができる。

それに、人物の写真を撮る場合は、ネガティブな感情が表情に出やすく、人間味のある写真になる。

そんな人間らしさを感じた写真を、僕のポートフォリオサイトで味わってほしい。

写真家リョウの雨の日写真

アート写真家リョウのポートフォリオサイトはこちら

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP