作品撮りについて
– Creator Of Art –

アート×写真家リョウ

こんにちは、アート×写真家リョウです。


僕のプロフィールはこちら


僕が運営している写真撮影活動「Creator Of Art(以降「COA」)」でポートレート撮影及び作品撮りをさせていただくにあたり、撮影の目的・イメージ・場所などについて、6つの項目にまとめたので読んでいただけたら幸いです。

「ポートレート撮影と作品撮りは何が違うの?」と疑問に思った場合は、こちらの記事を読んでいただくとイメージがしやすいかと思います。

カメラマンとモデルの関係を理解してる?モデルと共に価値のある写真をつくろう

1、撮影の目的

僕がポートレート撮影や作品撮りをするのは、次のような目的があります。

  • 写真撮影の技術を向上させるため
  • ポートレート撮影や作品撮りの実績をつくるため
  • 写真家の活動をしていることをアピールするため
  • ポートフォリオサイトに撮影した作品を公開するため
  • ブログ記事のイメージ画像に使用するため

商用利用という意識はありませんが、モデルになってくれる人の受け取り方によっては「商用利用」だと感じる場合もあるかもしれません。

もちろんポートレート撮影や作品撮りで制作した写真を見て、「このモデルさんでイメーイ写真をつくってほしい」というご依頼があれば、そこで発生した依頼費用の中から報酬としてお支払いいたします。その場合は、事前にご相談させていただきます。

現状は、上記で挙げた撮影目的がメインとなります。


サイト掲載の場合は、このような感じになります。


ブログ記事のイメージ画像の場合は、このような感じになります。


もちろん、モデルをしていただける方の「クレジット」「メンション」を入れさせていただきます。

モデルの方からのご要望がない限り、撮影した写真の販売や外部に提供することは一切ありませんのでご安心ください。

2、撮影日時について

僕自身は週末の仕事(ブライダル関係)が多いため、撮影は主に平日の朝〜日が沈むまでの間の1〜3時間程度です。

夏は僕がかなりの汗の量になるため、1時間以内の撮影になることもあります。

雨の日も撮影するの?

僕の写真の中には雨の日ポートレートというイメージもあるため、多少の雨でも撮影をさせていただきますが、あまりにも雨が強く降っている場合は、室内撮影に変更したり、延期やキャンセルをする場合があります。

もちろん「雨の日は嫌い」という人もいるので、弱い強い関係なく、事前に相談させていただきます。

雨の日の撮影をOKしていただけた場合は、なるべく透明傘で撮影場所までお越しください。透明傘をお持ちでない場合は、当方でご準備させていただきます。

3、作品のイメージ

ここでは、作品のイメージや衣装についてお伝えいたします。

「基本的なポージングでカメラ目線で笑顔」というよりは、無理に笑顔をだしてもらうより無表情で素な感じを好みます

雨の日のポートレートでは、雨の日らしく「憂鬱(ゆううつ)」に見える写真をイメージしています。

ポートレート 雨

シネマティック写真では「映画のワンシーンのようにストーリー性を感じる写真」がイメージです。

エモい写真 写真家リョウ

時には撮影した写真を使って、アート風の作品にすることもあります。

アート×写真家リョウ 作品撮り

リョウの写真家公式サイト

3-1、衣装について

撮影時の衣装は、モデルになってくれる方の手持ちの衣装でお願いしております。できれば、風になびくような(動きがでやすい)長めのもので、黒か白か赤の単色で柄がないもの、もしくは柄が目立たない衣装。ロングスカート、ワイドパンツなどがイメージに近いです。

下記が僕がイメージしている衣装なので、そちらを参考にしてください。

※肌の露出や水着関係の撮影は一切ありません。

3-2、ヘアメイクについて

ヘアメイクについては、専属のヘアスタイリストさんがいないため、モデルになってくれる方のできる範囲でお願いをしています。

アップスタイルより下ろしたままのヘアスタイル。メイクは普段通りでかまいません。

クリエイティブなメイクができる場合は、衣装に合うなら自由にしていただいてOKです。

4、撮影場所について

撮影場所は主に屋外になります。

京都を中心に、滋賀、奈良、大阪での撮影が多く、肖像権などのトラブルを防ぐことを考えたり、僕の作品のイメージを考えて、森感を感じる自然のある場所が多いです。

撮影する場所によっては撮影許可申請が必要な場所もあり、その場合は僕の方で事前に許可申請をしております。

4-1、撮影当日の集合について

公共交通機関で来てもらいやすい場所を選びますが、撮影イメージやその時の状況によっては、多少の距離があったりしてタクシーを使わなければいけない場合もあるかもしれません。

その場合のタクシー代は、お支払いいたします。

5、撮影費用について

こちらからモデルを依頼する場合は「有償」で考えていますが、費用が合わない場合は辞退させていただくこともありますので、ご了承ください。

もちろんモデルの方の都合上、有償では受けれなくて無償でされている場合でもお願いすることがありますが、お気持ちとして「交通費」をお渡しするようにしています。

僕からのご依頼の際に、改めて費用について相談させていただきます。

5-1、モデルからのご依頼の場合

撮影目的によって「無償」で撮影できる場合「有償」になる場合がありますので、事前にご相談ください。

例)
モデルオーディションに使用する宣材写真は『有償』。

自身の表現力を上げるための撮影でSNSの公開のみの場合は『無償』。

6、その他の事項

撮影のご依頼をするにあたって、お互いのイメージをすり合わせながら良い作品をつくりたいと考えております。

できればインスタなどSNSのDMでのやり取りではなく、メールやLINEでのやり取りができればと思います。

理由は、撮影イメージを伝えるために長文になることがあるため、お互いに仕事につながった場合の相談をしやすくするためです。

※撮影に関係のない、個人的なお誘いをすることは一切ありませんのでご安心ください。

撮影したデータはレタッチをして、Googleフォトで共有させていただきます。(ギガファイル便でもご対応いたします。)

事前に打ち合わせが必要な場合、撮影をする当日は、僕1人で伺います。

何度か撮影して信頼していただけたら、知人のフォトグラファーとコラボで撮影企画をすることもありますが、事前にご相談させていただきます(勝手に紹介することはありません)。

その他、不安要素があれば遠慮なくお申し付けください。

以上になりますが、ご不明な点、ご質問などございましたら、僕のインスタグラムのDMまたはコンタクトフォームよりメッセージを送ってください。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


〜アート×写真家リョウ〜
@ryo_creativephoto

更新日 : 2023年 1月15日
更新日 : 2023年 1月8日
更新日 : 2022年 12月18日