コラボ作品撮り

コラボ作品撮り | 京都で着付け師をされている方と色とりどりな袴の作品撮りをした話

突然ですが、卒業と言えば袴。

そろそろ袴で卒業の記念写真を撮る学生さんも、あちこちで見かけることも多くなってくるのではないでしょうか。

アート×写真家をしている僕は、記念写真と言うよりもアートに感じる写真やシネマチック写真を撮影する作品撮りが多く、時にはコラボで作品撮りをすることがあるんです。

先日も京都で着付けをされている『kimono atelier Yukari 縁(@kimono_yukari.k)』さんと、コラボで袴の作品撮りをしてきました。

色とりどりの袴スタイル

今回、作品撮りをさせていただいたモデルさんは『kimono atelier Yukari 縁』さんのお知り合いのダンス仲間の大学生さん。

みんな同じ大学ではなく、ダンスサークルで仲良くしている人たちで緊張もなく、作品撮りをとても楽しんでくれていました。

撮影させていただいたのは4人で『kimono atelier Yukari 縁』さんが、それぞれに合った色の袴を着付けする。黒紋付に緑色・黄色・赤色・紫色と、色とりどりの袴。そして京都にある大学で撮影。

その大学は今回撮影する学生さんが通う大学で、事前に学生さんが撮影許可を取ってくれていたので撮影に集中できました。

撮影の流れ

袴を着たグループでの撮影ということもあって、『kimono atelier Yukari 縁』さんが着付けする時間、撮影する時間を調整しながら作品撮りを進めていくことになります。

まず2人の学生さんを着付けして、僕の車で大学へ向かって撮影をする。その間に『kimono atelier Yukari 縁』さんが、もう2人の袴を着付けしてタクシーで大学に向かう。

最初の2人の学生さんは、緑色と黄色の袴。袴の色のとモデルさんが合っていて、初めて袴を着たように見えないくらいに馴染んでいました。

午前中に緑と黄の2人の学生さんを撮影して、一息ついたところにちょうど次の赤色と紫色の2人の学生さんとYukariさんが到着する。

  • 緑色・黄色(午前組)は休憩
  • 赤色・紫色(午後組)は撮影

と入れ替わって撮影をする。イメージしていたよりは撮影がスムーズに進んでいきました。そして夕方になって、緑色・黄色・赤色・紫色の4人で撮影して終了。というような撮影の流れでした。

撮影した色とりどりな袴の写真

その日、撮影した4人の学生の色とりどりの袴の写真がこちらです。

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

和装コーデ

大学のキャンパスって良い感じですね。

レトロな建物や赤レンガの部分があって、シネマチック写真を撮る僕としてはとてもワクワクするポイントがたくさんあります。

『kimono atelier Yukari 縁』さんとは、前回もアートな表現力を持つモデルさんと着物と袴で作品撮りをしたのですが、おしゃれな和装コーデが魅力的です。

作品撮り | 京都でアートなモデルと着付け師の方とコラボで着物の作品撮りをしました。

京都で作品撮り | 袴をおしゃれに着てストーリーを感じるシネマチック写真の撮影をしました。

最後に

今回の色とりどりの袴での作品撮りは、アート作品だけではなく卒業記念の写真撮影としても嬉しいものです。

友達と一緒に卒業写真を撮るなら、それぞれの個性を出せる袴でそれぞれの世界観を出せば、もっと身近に和装も卒業写真も感じることができます。

例えば、おしゃれな和装コーデでアートのような写真を撮ることで部屋にも飾れて、季節によって飾る写真を変える楽しみも増えるでしょう

ご両親やおじいちゃんおばあちゃんに感動してもらえるような、ストーリーを感じるフィチブックをプレゼントすることだってできます。

写真の価値とは、身近に感じてもらえて何度でも見返したくなるような写真だと僕は思っています。

せっかく撮影した写真やアルバムが、クローゼットに置かれたままになってしまうのは寂しいですよね。

SNSに写真を投稿したくなる写真のようにシネマチック写真も、もっと身近に感じてもらえるような企画を考えていきますので、楽しみにしていてください。


2023年1月〜2月末に撮影申し込み限定の撮影無料キャンペーン中!