【撮影記録vol.17】大阪淀川河川敷で俳優志望のモデルさんを撮影させていただいました

こんにちは、京都のアート写真家リョウ(@ryo_creativephoto)です。

何事にも続けるって大切ですね。

写真家の活動を続けていると時々、モデル志望の方から撮影希望のメッセージをいただく機会が増えてきます。

今回も、表現力を上げるために僕と作品撮りをしたいと言ってくれた俳優志望のモデルと撮影をしました。

今回撮影させていただいた写真は下記のポートフォリオサイトで公開しているので、ぜひ覗いてみてください。

アート写真家リョウのポートフォリオサイトはこちら

Tik Tokでも公開中。投稿数は少ないですが、これから頑張って投稿続けようと思いますので、ぜひフォローしてくれたら嬉しいです。

@creatorofart1 Art Photo RYO 作品スライドムービー 心が惹きつけられる写真を目指して… #写真家 #心に響く #写真撮影 #ストリートスナップ撮ってもいいですか #ポートレート撮影 #ドラマみたいだ #映画のワンシーン #シネマティック ♬ Low-fi hip-hop with mellow atmosphere – MATSU

ロケ地は「大阪淀川河川敷」

大阪淀川河川敷 風景写真

今回、俳優を目指すモデルさんと作品撮りをした場所は「大阪淀川河川敷」と「阪急電鉄中津駅高架下」がメインになります。

念のために事前に「大阪淀川河川敷公園」を管轄する事務所へ連絡し、個人での写真撮影について相談しました。

撮影する場所が、中津から十三に架かる線路の下で河川敷公園の外になるため、特に許可申請は必要ないとのことでした。

もちろん商用利用を目的とした撮影の場合は許可申請が必要となりますが、今回は個人の実績を作るための撮影。

このように、個人撮影でも事前に管理事務所へ相談することは大事なことで、撮影当日までに下見をすることも大切です。

俳優×モデル活動は魅力的な選択

ポートレート撮影 モデル 大阪

僕と一緒に作品撮りがしたいと言ってくれる人で多いのが「俳優を目指して表現力を高めるため」という理由です。

多分、普通にモデルを目指す人からすると「アート」「シネマティック」という写真のジャンルが難しく思うのかもしれません。

だけど俳優志望のモデルさんは、表現力を磨いたり表現の幅を広げるために、僕の作品撮りモデルとして応募される方が多いんです。

作品撮りモデルを希望される場合は、下記のリンク先ページにご応募についてまとめているので、そちらをご覧ください。

作品モデル募集

好きこそ追求すべき

好きなことなら全力で追求するべきだと、僕は思います。

写真家であれ、モデルであれ、画家であれ、好きなことをするのは目標へ向かうための入口なわけで、それを続けることが大事だと思います。

目標を諦めてしまう人は、なぜか「好きなことと現実のギャップ」を理由にしてしまいます。

写真家も、思ってるより華やかな世界ではないんです。

周りからは「写真なんて需要がない」と言われます。それも、写真家を経験したこともない人から。

だから僕は、そのような言葉を気にせず、好きだからここまで追求してこれたのだと思うようにしています。

実際に写真が好きだから、モデル撮影「0(ゼロ)」から13名のモデル(今回のモデルを入れると14名)撮影の実績ができたし、現在、撮影の業務委託契約を結ぶことができています。

なので、「俳優×モデル活動」はとても魅力的でストーリー性を感じます。

ポートフォリオサイト更新

京都 アート写真家 ポートフォリオ
画像引用元 : アート写真家リョウのポートフォリオサイトより

そして今回、俳優志望のモデルの方と大阪淀川河川敷で作品撮りをした一部の写真を、僕のポートフォリオサイトへ公開しています。

アート写真家リョウのポートフォリオサイトはこちら

フォトグラファー、デザイナー、クリエイターをしている場合、この「ポートフォリオサイト」を持つことがとても大事なこと。

極端にいうと、24時間365日オンライン上で営業をしていくれているのと同じです。

詳しくはこちらの記事で話しているので、参考に読んでみてください。

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真家リョウのストックフォトサイト

新着記事

  1. 【東京写真撮影のご依頼】2024年6月と11月の期間限定で東京での写真撮影を募集します

  2. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  3. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  4. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  5. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  6. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  7. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  8. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

TOP