「雨がキライ!」ジトジトして嫌な雨を好きになって快適に過ごす方法

今日は、雨嫌いが克服できるような内容をお届けしたいと思います。

雨の日になると体調が崩れやすく、ジトジトして嫌な気分になりやすいと思われていますが、実は雨の日にしか感じることができない魅力があり、それを知ることで雨の日を楽しく過ごすことができるでしょう。

はじめに

本記事を書いている僕は、京都府宇治市でアート×写真家をしていて、アートな写真を撮ったり、シネマティック写真を撮ったり、作品撮りの活動をしています。

その他にも、雨の日写真を撮る活動をしていることもあって、雨の魅力に触れることで、雨嫌いだった僕も雨が好きになりました。

雨は、多くの人にとって「薄暗い」「憂鬱な気持ちになる」と言う印象が強いですが、雨はネガティブに感じる現象だけではないんです。

雨の本当の姿は、人々の心にポジティブな影響を与える魅力があるんです。

本記事を読んで、「雨の日はなぜか憂鬱な気持ちになってしまうから嫌いだ!」という雨嫌いのあなたに雨の魅力を知ってもらい、雨の日を楽しく過ごす方法を共有するために書きました。

とくに今回は、雨の美しさやポジティブに感じるに部分に焦点をあてて、雨の魅力について話したいと思います。

雨の魅力を知る

雨が降ると周りの景色がどんより暗くなるため、寂しく感じたり憂鬱に感じたりするものです。

そんな憂鬱に感じてしまう雨ですが、実は、自然のもつ本来の美しい姿を見せてくれていることを知っていますか?

雨の魅力を語る上で、まず、自然のもつ本来の美しい姿から話す必要があるので、ぜひその自然の美しさに触れてみてください。

では、雨の日だから感じることができる、自然の本来の美しい姿とはどんなものなのか。

実際に僕は雨の日に写真の撮り歩きをすることが多く、雨の中で心が揺さぶられた瞬間を撮った写真を公開するので、まずはそちらを見てください。

雨粒が緑の葉に宿って美しい雫を作りだす姿

葉についた雨の雫 アート写真家リョウ
写真撮影 : アート×写真家リョウ

この写真を撮ったのは、宇治市の隣の伏見区のとても広い敷地の「伏見桃山綾(ふしみももやまりょう)」。

そもそも僕が雨嫌いになった理由は、子供の頃に遭遇したある出来事が原因でした。

その出来事については、下記の「note」の方で語っているので、ぜひ読んでみてください。

ーnoteで書いたの記事はこちらー

そんな雨嫌いの僕が雨の魅力を知ったのは、雨の自然な美しい姿と、葉に宿る「雨の雫」の神秘的な姿を見たからなんです。

ほんのり暗く心に響く雨の中の自然な景色

雨の日の風景写真

この写真は、僕がよく気分転換に訪れる滋賀県の琵琶湖の畔の写真です。

ほんのり暗く寂しそうに見えますが、強い反射光がなく、映画のワンシーンのようにシネマティックな世界だったので、写真を撮りました。

人の心が現れやすくドラマが生まれる

雨の中の人物写真

雨の日に人物を撮っていると、雨の音でリラックスでき、撮られる側の緊張がなくなって、心の中の表情が出やすく、そこからドラマが生まれます。

いかがでしょうか?

このように、雨の日にしか撮ることができない自然の美しい姿は、晴れの日とは違ったストーリーを人々に届けてくれます。

もし雨が降って気分が憂鬱になってしまったら、ご自宅の近くでもいいので、思いきって雨の中を歩いてみてください。

これまでに気づかなかった美しい姿が発見できて、雨の魅力を知ることができるはずです。

雨の音を楽しむ

雨の日になると、雨によって奏でられた独特の音やリズムで人々の心がリフレッシされます。

雨の音を聞くと水が流れる音から「洗い流す」を連想して、心の疲れを洗い流してくれる感覚になれます。

そんな雨の音はストレスを和らげ、リラックスさせる効果があると言われていて、部屋の中で窓越しに雨の音を聴くだけでも、心が落ち着いて穏やかな気持ちになれるし、雨の音をBGMにして読書や仕事をすると集中力もアップするんです。

このように、雨の音を楽しむことで雨の日を穏やかで快適に過ごすことができます。

雨の香りを楽しむ

雨が降ると、土や植物の香りがより強く感じられて、その香りを嗅ぐことで心を落ち着かせる効果があります。

この雨の独特の香りを「ペトリコール」と呼ばれていて、雨が地面に降り注いで、地面から立ちのぼる香りのことを言います。

雨の日に外へ出て深呼吸をしてみてください。植物の香りや土の匂いを感じることで、心が落ち着き、心にゆとりができて心が楽になるのを感じるでしょう。

雨の香りを楽しむことで、雨が持つ清々しい部分の魅力に触れることができるはずです。

雨のジトジトをなくす香り

だけど上記のように、雨が降った時の土や植物の香りが苦手という人もいます。

雨が降ると湿気が混ざり、その香りを嗅ぐことで、憂鬱な気持ちがさらに増加してしまう場合もあります。

そんな時に効果的なのが、アロマミストです。

アロマミスを部屋にワンプッシュするだけで、ジトジトした嫌な感覚が一瞬でなくなり、快適な部屋へと変わります

とくに、「檜」をベースにしたアロマミストは、自然の中に建てられたログハウスとか、畳の和室にいるような感覚になるので、心が穏やかな気持ちになります。

アロマミストも、雨のジトジト感をなくして快適に過ごす方法として、現在ではとても人気のあるアイテムです。

下記のインスタグラムのアカウントは、僕が立ち上げたオリジナルブランド「雨の雫」のアカウントで、第一弾の商品としてアロマミストを作りました。

興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

雨の雫(あめのしずく)(@raindrops_ryo)がシェアした投稿

雨の日の楽しみを見つける

雨が降るとジトジト感が嫌で、どうしても外出を避けたいと思ってしまいますが、実は雨の日だからこそ楽しめることがたくさんあります。

例えば、

  • 家でゆっくりとした時間を過ごす
  • 好きな音楽や映画を楽しむ
  • ホットコーヒーを飲みながら読書をする

など、雨の日だから過ごせる楽しみ方もあります。それに、雨の日は晴れの日には見られない風景や体験もできます。

雨の中を散歩しながら雨の日にしか撮ることができない「エモい写真」を撮るなど。雨の日ならではの楽しみを見つけることで、雨を好きになるキッカケになるかもしれません。

最後に

雨が嫌いな人にとって雨の日はとても憂鬱な気持ちになってしまうかもしれませんが、雨を好きになる方法はたくさんあります。

雨の美しさや音楽、香り、そして雨の日ならではの楽しみ方を見つけることで、雨の日にしか感じることができない魅力に気づくことができます。

雨は、ただ薄暗くて寂しく憂鬱な感情をもってしまう現象ではなく、心を癒す素晴らしい自然の現象なんですね。

それを知ることで、雨を好きになって、雨の日を快適に過ごすことができるでしょう。

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真家リョウのストックフォトサイト

新着記事

  1. 【東京写真撮影のご依頼】2024年6月と11月の期間限定で東京での写真撮影を募集します

  2. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  3. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  4. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  5. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  6. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  7. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  8. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

TOP