ポートレート 雨

雨の日ポートレート | モデルの魅力を伝える4つの雨の日の撮り方

こんにちは、アート×写真家リョウ(@ryo_creativephoto)です。

「雨の日のポートレート撮影でモデルを魅力的に撮りたい!」

そう思ったことはありませんか?

雨の日の撮影になると「一眼レフが濡れて故障したらどうしよう」とカメラの心配に意識が向いてしまい、撮影に集中できないことがあります。

それが理由で「いい表現をしてくれたのに雨のせいでモデルの魅力が伝わらない写真になってしまった」ということもよくあります。

だけど雨の日のポートレート撮影は、少しの工夫で雨の日の写真がシネマティックになります。

それにはまず、雨の日のポートレート撮影に集中できる環境を選ぶこと。

雨の日のポートレート撮影に集中するには、撮る側に屋根がありモデルには透明傘をさしてもらって撮影できる場所があれば、雨の日のポートレート撮影に集中することができます。

今回の記事では、雨の日のポートレート撮影に集中するために適した環境とモデルの魅力を伝える4つの撮影テクニックについて話したいと思います。



雨の日のポートレートに集中できる環境

雨の日らしさを演出するなら、やっぱり屋外で撮影するのほうが、魅力的な写真になります

もちろん室内で撮影することもできますが、頭上からの電気の光で顔に違和感のある影ができたり、照明機材を準備する必要があります。

せっかく晴れの日とは違った写真が撮れるのに、室内での撮影に変更するのはもったいないですよね。

雨の日のポートレート撮影でも、ストーリー性のある写真を撮ることができるので、ぜひこれから紹介する屋外の環境で撮影をしてみてください。

撮る側に屋根ありが理想

雨の日は『憂鬱』な感情をイメージしやすく、見る人の心をゆさぶる写真を撮るチャンスです。

そこで雨の日の撮影に集中できる環境を考えると、撮る側には屋根がある場所、モデルさんには傘をさしてもらって雨の中に立ってもらえる場所が理想です。

たとえば、以下のような場所が 思い浮かびます。

  • 電車が走る線路の高架下
  • 車が走る幅の広い道路の高架下
  • 川をまたぐ大きめの橋の下

そういった場所で撮影することで、撮る側は傘をささずに一眼レフをぬらすこともなく撮影に集中できます。

雨の日のポートレート撮影で、僕がいつも撮影で使う場所を紹介しておきます。

ちなみに僕は関西在住で、大阪、京都、滋賀、兵庫、奈良が主な撮影場所になりますが、探せばどこにでもあるような場所なので探してみてください。

事前に下見(ロケハン)をしておくと、より写真のイメージができて、スムーズなポートレート撮影をすることもできます。

ポートレート撮影をする前に撮影現場の下見をしてる?事前に写真のイメージをすることは大切なこと。

電車が走る線路の高架下

大阪にある阪急『中津駅』の線路の高架下。

車が走る幅の広い道路の高架下

ここは、京都府久御山町の国道の下にある高架下トンネルです。

京滋バイパス(有料道路)の下を走る国道があり、さらにその下にあるトンネルになります。

GodoxのストロボTT600で魅力的な写真を撮る効果的な使い方

高架下で撮影をする時に注意することは、歩行者の迷惑にならないように撮影しなければいけません。

人が通るときは撮影を中断して、通り過ぎたあとに撮影を再開するようにしましょう。

川をまたぐ大きめの橋の下

この場所は兵庫県の国道2号線で、武庫川をまたぐ『武庫大橋』という場所です。

傘をさして撮影するのはダメ?

雨の日の撮影で、撮る側が傘を持って撮影するのはとても大変です。

片手には傘、もう片方の手には一眼レフを持つことになって、両手がふさがっている状態が長い時間つづきます。

そうなると、晴れの日よりも体力を使ってしまい、たとえ1時間のポートレート撮影でも集中力が持ちません。

「傘を肩にかけながら撮影すればいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、傘を肩にかけると不安定になって傘のバランスをとることに意識が向いてしまいます。

僕も何度か経験がありますが、少し強い雨の中で肩に傘の肢の部分を乗せて撮影していたら傘が肩から落ちて、一眼レフが雨にぬれてしまいました。

すぐに屋根のある場所へ移動して、一眼レフを専用の布で拭いたので、故障にはつながりませんでした。

ただポートレート撮影を中断させてしまったことや、モデルさんの貴重な時間を無駄にしてしまいました。

そういう時に限って、カメラのレンズのフタを落としたり、ストロボを落としたり、傘が壊れたり。

その経験を活かして、雨の日のポートレートを屋根のある場所で撮影するようにしたら、撮影に集中することができました。

雨の日のポートレート4つの撮影テクニック

それではここから、雨の日のポートレート撮影で、僕が意識している『雨の日のポートレート4つの撮影テクニック』を紹介します。

ここから紹介する写真は、実際に僕が雨の日に撮影させていただいた、モデル『葵まりあ(@maria010____n)』さんの写真で紹介したいと思います。

撮影した僕自身も気に入っている写真が多かったので、事前に今回の記事への使用許可をいただいたきました。

この『雨の日のポートレート4つ撮影テクニック』の次の項目で、今回のモデルさんについても紹介しています。

透明傘をうまく活用する

ポートレート 雨

雨の日のポートレートを魅力的にするには、やっぱり透明傘はとても効果的に使えます。

僕は事前に「透明傘できてほしい」と伝えるのを忘れていました。

だけど撮影当日は、モデルさん自身が透明傘をさして来てくれました。

もしかするとこれまでの経験から、意識して透明傘を持ってきてくれたのかもしれませんね。

透明傘の良いところは、

  • 背景が見える
  • 傘についた雨つぶが効果を出してくれる
  • 透明傘越しにモデルさんを撮影することもできる

といった部分です。

雨の日のポートレート撮影。定番の透明傘でシネマティックな写真に撮るコツ。

たとえば、色付きの傘で撮影すると顔に傘の色が反射してしまって、レタッチする場合にとても大変です。

傘の色が顔に反射してしまうことで、顔色が悪く見えてしまうこともあります。

顔に傘の色を反射させないようにするには、傘を肩にかけてもらって撮影すればいいのですが、そうなると背景が隠れてしまいます。

と言っておきながら、僕はたまに赤い傘を持ってもらうことがあります。

赤い傘は、雨の日の薄暗い風景の中でさせばワンポイントになるので、あえて赤い傘を使います。

その場合は、傘を高く上げて顔に赤い傘の色が反射しないように工夫して撮ります。

だけど、やっぱり透明傘は雨の日のポートレート撮影には効果的です。

雨でぬれた道路のレイフレクト効果をねらう

ポートレート 雨

雨の日のポートレートでは、ぬれた道路のリフレクト効果をねらうことで、モデルさんの表現した魅力をストレートに伝えることができます

リフレクトとは『反射した・反響した』という意味があり、ぬれた道路が鏡のようになって、絵画のような写真を撮ることができます。

ただし、リフレクト効果をねらう場合はモデルさんにリフレクト効果を撮ってもいいか確認することが基本です。

理由は、モデルさんの中には『下に反射する』ということに、違和感を感じる人もいるかもしれません。

ロングスカートやロングパンツスタイルなら問題ないですが、ショートパンツや少し短めのスカートの場合は、

「もしかして反射してるかも」

と見えてないか気になって、表現に集中できない場合もあります。

次のような撮影する場合は、モデルさんに確認してからにしましょう。

  • リフレクト効果(雨や反射する床などある場合)
  • 極端なローアングルからの撮影
  • 極端なズーム(顔、手など)
  • 足元だけの写真(この次に説明してます)

足元ズームで想像をふくらませる

ポートレート 雨

ぬれた地面のリフレクト効果があると、足元をズームして撮影するだけでも心をゆさぶる写真になります。

この写真を見る人によっては、ネガティブに見えたり、ポジティブに見えたりして、

「雨でも前向きな感情表現に見える」

「憂鬱な感情を表している写真に思える」

と、見る時期や見る人の想像をふくらませることができるため、心がゆさぶられる写真になります。

ただし先ほども話したように、足元を撮る場合も、モデルさんに確認してから撮影するようにしてください。

僕はリフレクション効果や足元、手、顔などをズームで撮影したあと、モデルさんにも必ずカメラモニターでチェックしてもらいます

このカメラモニターをモデルさんと一緒にチェックすることで、

「もっとこんな感じにした方がいいかも」

「こっちの背景でも撮ってみたい」

などお互いの提案をだし合うことで、一緒に魅力的な写真をつくっている感覚になって、撮影のモチベーションも上がります。

さびれた古い壁を背景にレトロ感をだす

ポートレート 雨

さびれた古い壁は、レトロ感があっておしゃれな写真にするのに効果的です。

しかも壁が雨にぬれて、その時にしかできない模様になるため、世界に1枚しか撮ることができない魅力的な写真になります。

ポイントは、壁に高さがあれば上に余白をつくることでさびれた古い壁が強調され、よりレトロな写真にすることができます。

上記の撮影で背景にした壁がこちら。

大阪の阪急十三駅から中津駅の間にある壁で、阪急中津駅を降りて線路沿いに十三駅側へ歩いていくと、この壁が見えてきます。

頭上には阪急電車が走っていて線路の真下にもなるので、電車が通るときは大きな音がします。

線路と線路の間には屋根がなく、交互に雨が降るポイントがあるります。

この場所では、撮る側は屋根のある真下で撮影できるので、雨の日のポートレート撮影に集中することができます。

雨の日のポートレート撮影に限らず、ポートレート撮影をする場合に必要なことが『ロケハン(下見)』をすることです。

ロケハンをすることで、雨が降った場合にどのようなイメージで撮影をするのか、撮影場所のベストなポイントはどこかを知ることができます。

ポートレート撮影をする前に撮影現場の下見をしてる?事前に写真のイメージをすることは大切なこと。

ということで、以上のテクニックをまとめると下記のようになります。

雨の日の撮影テクニック

  • 透明傘をうまく活用する
  • 雨でぬれた地面のリフレクト効果をねらう
  • 足元のズームで想像をふくらませる
  • さびびれた古い壁を背景にレトロ感をだす

今回の雨の日ポートレートのモデル紹介

ポートレート 雨

今回は、雨の日ポートレート撮影に集中できる環境と、モデルの魅力をストレートに伝える4つの撮影テクニックについて話してきました。

心をゆさぶる魅力的な写真をつくるにはモデルさんの協力も必要で、そのモデルさんの表現した魅力が伝わる写真にするのも大切なことです。

偶然にも雨の日の撮影ができた

今回僕は、ポートレート撮影をするにあたって、モデル『葵まりあ』さんのSNS投稿写真を見たときに、

「クールで自分がイメージしている雨の日を魅力的に演出してくれそうな人」

と思ったことでコンタクトをとり、ポートレート撮影をお願いしたモデルさんです。

雨の日をイメージしていても、撮影当日が雨になる確率は低いもの。

だけど今回は、運良くポートレート撮影をする当日が雨になったので、僕自身楽しく撮影ができました。

『葵まりあ』さんの印象

モデル葵まりあさんは、YouTubeを定期的に更新されていたり、音楽活動をされていたり、ご自身でもカメラをしていたり。

多趣多彩な才能を持っているモデルさんです。

最初に葵まりあさんのSNSを見たのは、

オレンジ色の柄入りのスーツを着た、クールでおしゃれな投稿写真でした。

そこから投稿している写真を見ていくと、僕の好きなクールで少し暗めのオールドフィルム調の写真が多かったんです。

「この人を撮影して見たい!」

と思い、すぐにポートレート撮影について、DMでメッセージを送らせていただきました。

すると快くポートレート撮影を受けてくれたので、とても柔軟に対応してくれる人だと思いました。

だけどこだわりも持っていて、『自分らしさ』も持っているモデルさんなので、今回の記事で紹介させていもらいました。

◆モデル『葵まりあ』さんの情報

[ Twitter ]
https://mobile.twitter.com/maria010____n


[ Instagram ]
https://www.instagram.com/maria010____n/


[ YouTube ]
https://www.youtube.com/channel/UCnBINxzqIaaP8QZwiv8ARkg


[ 音楽活動 ]
https://www.tunecore.co.jp/artists/aoimaria


ライブ配信(ポコチャ)が審査をしているオーディション『 #被写体で生きていく』に参加されています。

(現在、オーディションは終了されていますが、葵まりあさんの活動状況などが見れます。)

是非、下記の『葵まりあさんのTwitterアカウント』から情報を確認してください。

#被写体で生きていく というオーディションに参加しています。

宜しくお願い致します。 pic.twitter.com/hQmqpZwOLC

— 葵 まりあ (@maria010____n) June 15, 2022

さいごに

こうしてモデルさんとイメージやテーマを共有することは、ポートレート撮影で魅力的な写真を作ることは重要なこと。

有名な写真家なら撮りたいものを撮ることに集中してもいいのかもしれません。

だけど僕のように写真家歴がまだ浅い場合は、モデルさんにも協力してもらうことで、魅力のある写真にすることができます。

2023年1月〜2月末に撮影申し込み限定の撮影無料キャンペーン中!