プロフィール写真 | SNSで魅力を感じるプロフィール写真を撮影する

こんにちは、京都のアート写真家リョウ(@ryo_creativephoto)です。

ここ数年、個人でビジネスを始める人が増えてきたことで、どんどん需要が高まっているプロフィール写真の撮影サービス。

とくに、SNSのアイコンやホームページに使用するためのプロフィール写真に特化した撮影サービスを始めるフォトグラファーが目立つようになりました。

今回は、コロナ禍になった今の時代だからこそ需要がある「プロフィール写真撮影サービス」について話したいと思います。

コロナ時代で厳しくなった写真業界にも光が

プロフィール写真の重要性について話す前に、今の時代を生き抜くための話をしますね。

誰もこんな時代になるとは予想できなかった、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大。

まさか、写真業界もここまで影響が出るとは思いませんでした。

感染を防ぐためにマスク着用が必要とされ、人との間隔や室内での人数制限など。

写真業界も、スタジオ撮影が不安というお客様が増え、屋外でもマスク着用での撮影が条件になったりで、集中できない環境での写真撮影はとても辛いこと。

仕事だけではなく、日常生活においても過ごしにくい時代になってしまったと感じています。

自由に外を歩くことさえ気を使ってしまう時代になるなんて。

だけど、2023年になってようやくコロナも収まり、企業、飲食店、ブライダル業、写真業界も少しずつ回復のきざしが見えてきました。

個人で仕事を始める人が増えて写真撮影の需要が高まる

そんなコロナ禍を経験したことで、本格的に個人ビジネスを始めた人も多いのではないでしょうか。

例えば、これまで副業で続けていたアフィリエイトの経験を活かして、教材を作ってオンラインで販売したり。

独学でサイトを立ち上げた経験を活かして、サイト制作のサービスを始めたり。

個人でも仕事につなげるために、マーケティングやブランディングのスキルを身につけたり。

コロナはたくさんの人たちを「ピンチ」にしてきましたが、それをうまく活用して「チャンス」に変えた人もたくさんいます。

これからの未来は、奇抜なアイデアと個人で行動するスキルの高さに魅力を感じて、仕事を依頼する企業が増えててくると言われています。

インフルエンサー、ブロガー、フリーランスなど、芸能人には感じることができない、個人だから感じることができる身近な存在感

そんな身近な人がすすめる商品は、一般目線で評価してもらえるため購入されやすく、企業にとっては魅力的な人というわけです。

サイトを立ち上げる人が増えた

そして今の時代はサイトを立ち上げる費用も、以前に比べるとコスパが良くなって、個人サイトやブログを始める人も増えました。

WordPressと言っても、約1万円でSEOに強い有料テーマが使えて、ある程度検索を上げることもできます。

例えば、僕が運営している、こちらの芸術系のブログのように。

「TCDテーマ」とは?シンプルで使いやすくSEOに強い収益ブログにおすすめのWordPressテーマ。| 理想的芸術生活

ほとんど有料テーマを購入した時のまま使っていますが、検索は10〜13位をキープしています。

SNSマーケティングをする個人が増えた

そしてアフィリエイトやコンテンツ販売で重要になってくる「マーケティング」もGoogleで検索すれば、ある程度の知識を学ぶことができます。

今の時代は「大学卒業」とか「独学」とか関係なく、それ以上に個人でもマーケティングができる人、ブランディングが得意な人が選ばれる時代

しかも今では教材が必要ないくらい、オンラインで知識を身につけることができる便利な時代です。

このように個人で活躍する人が増えてきた今の時代だからこそ、重要になっているのが「プロフィール写真」なんです。

プロフィール写真は重要

ではお待たせいたしました、ここから「プロフィール写真が重要な理由」について話していきます。

SNSでもサイトでも同じですが、プロフィール写真は、そのアカウント(オーナー)の顔になる重要な写真になります。

極端にいえば、プロフィール写真の第一印象でその人の価値が決まると言ってもいいくらいです。

スマホで自撮りをした写真を使う人も多いですが、仕事としてSNSやサイトを運営するなら一眼レフでプロフィール写真を作る方が、魅力を感じてもらいやすくなります。

一眼レフで撮影した写真で熱量を伝える

一眼レフでプロフィール写真を撮影することで、その仕事への熱意が伝わりやすくなります。

最近のスマホカメラは、とても進化しています。

画質も綺麗で加工アプリも精度が高く、簡単に美肌にしたり目を大きくしたり、背景を合成することができて、写真家として危機感を感じています。

だけど、せっかく魅力のある投稿をしているのに、スマホで自撮りした写真をプロフィールのアイコンに使っているのは勿体ない。

スマホで自撮りしたアイコンは、どうしても趣味の延長上に思われていまします。

とくに、インフルエンサーとしてSNSで案件を紹介するなら、SNSのプロフィール写真にもこだわる方が魅力は上がります。

「フォトグラファーに撮ってもらった写真」とアピールした方が、インフルエンサーとしての熱量が伝わります。

人を惹きつけるプロフィール写真

SNSでもサイトでも、人を惹きつけるプロフィール写真を公開することが大事ですが、ただ綺麗な画質でカメラ目線で笑顔で撮った写真では魅力は伝わりきれません。

カメラ機能の進化で綺麗に明るい写真を撮る人が多くなっている今だからこそ、そう言った人たちとは違った「こだわり」をもつことが大切です。

では、ユーザーに魅力を感じてもらうプロフィール写真にするにはどうすればいいのか。

それは、あなたのブランドの顔になるプロフィール写真を撮って、あなただから語ることができるストーリーを発信し続けること

不特定多数に向けてではなく、ごく一部の人に向けて発信することが大事で、極端に言えば、1人の相手に向けて発信するイメージを意識することが大切です。

プロフィール写真のストーリーを伝える

プロフィール写真の魅力を感じてもらうには、その写真を撮影した背景にあるストーリーを伝えることも大切です。

例えば、僕は現在SNSのアイコンには、このような写真を使っています。

インスタグラム 写真家リョウ
画像引用元 : アート×写真家リョウのInstagramより 

この写真は僕にとって印象に残ってる写真です。元々僕は、10数年前に一眼レフを趣味で始めていました。10ヶ月でお金を貯めて購入した「Canon40D」の一眼レフ。

初めてその一眼レフで撮影の勉強をしにいった時に、プロフォトグラファーに撮ってもらった写真が今SNSで使っている写真です。

たしか、京都の嵐山で空高く伸びている竹を撮っていた時でした。

その時、撮った竹の写真がこちら。


撮影 : 一眼レフを初めて持ったアート×写真家リョウ

初心者にしては上手に撮れていると自画自賛していますが、あなたにはどう感じますか?

初めてなのにここまでの写真を撮ることができたのは、写真を撮影している隣でプロフォトグラファーが熱心に明るさを調整する方法や、ホワイトバランスについて教えてくれたおかげなんです。

今この写真を見ると、笹の葉の明るさが飛んでいて「もう少しシャッタースピードを上げても良かったかな」と思いますが、当時の僕にはどこが失敗なのか見分けることができませんでした。

この写真を見ると、そんな思い出がよみがえってきます。

少し話が外れましたが、現在僕がSNSに使っているアイコン写真は、必死に竹の写真を撮っている僕の姿をプロフォトグラファーがシルエットのようにカッコよく撮ってくれた写真。

これを見た瞬間、僕は「こんな感じの心が揺さぶられる写真が撮りたい!」と強く思い、その気持ちを忘れないためにSNSのアイコンに使うことにしました。

僕の撮影している姿をローアングルから撮ってもらった写真は、2007年に撮ったもの。もう10年以上も前の写真ですが、僕は写真を撮りたくなった気持ちを忘れないために、今でも使い続けています。

この写真のせいでもあるのですが、僕が若くみられていますが実際は「40代後半」と言っておきます。

徹底的にプロフィール写真にこだわる

SNSのアイコン写真はスマホでしか見ないし、

「どうせ小さくて見えにくいからスマホで自撮りで十分」

なんて思っていませんか?

ユーザーは気になるアカウントがあれば、SNSのアイコンをタップして拡大して見ているものです。

このように、SNSのアイコンをタップしたら...。

拡大表示して見ることができます。

そもそも画像が荒いとその人の魅力が半減してしまいます。

SNSを仕事に使うならアイコンにこだわって、おしゃれなプロフィール写真でアカウントをアピールすることも大切です。

プライベートでSNSを使う場合はこだわる必要もないですが、仕事でSNSを使うならフォトグラファーに依頼して、徹底的にプロフィール写真にこだわることも考えて見てはいかがでしょうか。

最近だと、サクッとプロフィール写真を撮影するためのマッチングサイトも増えてきているので、やすいサイトであれば1万円以内で撮影してくれるフォトグラファーもいます。

おすすめのフォトグラファーマッチングサービスについてまとめている記事があるので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

写真家リョウのプロフィール写真撮影

僕は現在SNSのプロフィール写真、サイトのプロフィール写真に特化した写真撮影サービスをしています。

「なぜプロフィール写真撮影がメインなの?」と疑問に思うでしょう。

僕は2019年から本格的に写真家として活動をしてきました。主に、フリーモデルの方と作品撮りをすることがほとんどで、撮影させていただいた写真をこちらのポートフォリオサイトで公開しています。

アート×写真家リョウの写真作品はこちら

こうして作品撮りができるよになったのが2021年で、2021年〜2022年の1年間で13名のモデルの方に作品撮りをさせていただくことができました。

京都の写真家 アート リョウ

撮影のコンセプトは「心の芯(コア)までひびくストーリー性のある魅力的な写真」。

その撮影のスキルを身近に感じてもらい、SNSのフォロワーにつながったりサイトに人を集めことができるプロフィール写真として使ってほしいという想いで始めた撮影サービス。

正直、プロフィール写真撮影費用としては、他社フォトグラファーマッチングサービスに比べると高めになります。

フォトグラファーマッチングサービス「ふぉとる」の場合。

  • サクッと撮影プラン / 1時間以内 / ¥10,780
  • 満足撮影プラン / 2時間以内 / ¥21,780
  • よくばり撮影プラン / 5時間以内 / ¥52,800

ふぉとるの料金はこちら

当撮影サービスの場合

  • サクッとプラン / 1時間以内 / ¥13,200
  • こだわりプラン / 2時間以内 / ¥25,300
  • スタジオプラン / 1〜2時間 / ¥38,200

になります。

撮影内容の違いなどもありますが、できるだけ費用を抑えてプロフィール写真を撮ってもらいたいのであれば「ふぉとる」のようなマッチングサービスから撮影を依頼する方がお得です。

詳しく内容を確認したい場合は、当サイトのコンタクトページよりメッセージを送ってください。

相談は無料なので依頼するしないに関わらず、お気軽にご相談ください。こちらから強引な売り込みや勧誘をすることは一切ありません。

顔出しNGプロフィール写真にもこだわる

SNSを見ていると、フォロワーの多いアカウントでも顔出ししていない人が多いです。

例えば、Lemon8というSNSに投稿されているこちらの『高野軍曹』さん。

画像引用元 : 高野軍曹さん投稿写真より

プロフィールのアイコンは横顔ですが、どのような雰囲気をもった顔立ちをしているのかイメージしてしまって、とても気になるアカウントで引き込まれてしまいます。

それに、投稿写真の1枚1枚が同じ画角で、すぐに「高野軍曹さんの投稿」だということもわかるし、マスク、メガネ、帽子で顔が見えない事で、どんどん興味を持ってしまいます。

「高野軍曹」さんのように顔が見えなくてもフォロワーが多いのがその証拠。

1つ1つの投稿に魅力があれば、顔出しNGでも魅力を上げることができるので、とても参考になりますね。

「高野軍曹」さんのLemon8アカウントはこちら

最後に

僕がプロフィール写真撮影に特化した撮影サービスを始めた理由は次のつ。

  • これまで経験した作品撮りを活かした撮影サービスをお届けしたいから
  • プロフィール写真の重要性を感じてほしいから
  • 「SNSのフォロワーが増えた!」と喜んでもらいたいから
  • 企業との繋がりになるツールに使ってほしいから
  • 顔出しNG写真でも魅力を伝えることができると思ってほしいから

SNSで情報を発信する人が増えてきましたが、それに比例して競合が多く投稿も埋もれやすくなってきました。

そこに勝つには「あなたらしく、誰も真似できないアイデアと魅力のある投稿」をすることが重要になってきます。

その前にまず、第一印象で決まってしまうプロフィール写真にこだわってみてはいかがでしょうか。

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真家リョウのストックフォトサイト

新着記事

  1. 【東京写真撮影のご依頼】2024年6月と11月の期間限定で東京での写真撮影を募集します

  2. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  3. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  4. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  5. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  6. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  7. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  8. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

TOP