[YouPic] | 海外向け写真公開サイトで写真のスキルを上げる

数年前に登録をして約30枚ほど写真を公開したことがある、海外向けの写真公開サイト[YouPic]

「写真家なら『500px』を使った方が良い」だとか「腕試しなら審査が厳しい『1x』だろう」と言う声を聞くことが多いですが、写真家として写真のスキルを上げるなら、まずは[YouPic]から始めるのが効果的だと感じています。

なぜなら[YouPic]は、自分が公開した写真の反応率が高くて写真活動のモチベーションに繋がるからです。

僕の目標は『1x』に写真が公開できるほどの写真技術を身につけて、その実績をベースに商業写真の依頼を増やすこと。

僕がイメージしているゴールは、次のような感じです。

[YouPic]で写真の技術を磨く → 500pxで海外への知名度を上げる → 1xで世界に向けて写真を収益化した実績を作る → 商業写真家としてデビューする

[YouPic]は写真活動のモチベーションに繋がる


画像引用元 : リョウの[YouPic]アカウント

[YouPic]は、写真技術を磨くには効果的に使える写真公開サイトだと僕は思っています。

理由は冒頭でも話したように、[YouPic]に写真を公開した後の反応率が高くて写真活動のモチベーションに繋がるからなんです。

例えば、以前に投稿したこちらの写真。

これまでに投稿した写真の中で一番反応が良かった写真で、写真を公開した瞬間に「♡」マーク、つまり「いいね」が100近くついたり、Twiterのリツートのように拡散(シェア)してくれたり。

そもそも写真を公開してから見られるまでの反応率が高く、上記の公開写真で言えば、目のマークが「20083」となっています。

この目のマークは公開した写真が見られている数を表していて、公開して数日で「約20000PV」を達成しています。

これが、[YouPic]で写真を公開するメリットです。

無料プランでも十分

[YouPic]には無料と有料のプランがあり、無料で利用する場合は12時間に1枚しか写真を公開することができません。

つまり、公開する写真は1日2枚までと制限があるんです。

もちろん有料プランの方が利用できるサービスがあったり、写真の公開制限がなかったりするので、インスタグラムのように少しでも多くの写真を公開したい場合は有料プランの方が向いています。

ただ僕の場合は、1日に1〜2枚程度しか公開しないので、無料プランでも十分なんです。

世界中の写真家の作品は刺激になる

[YouPic]に限ったことではありませんが、世界中の写真家たちの作品を見ていると新しいアイデアが浮かんだり構図、カメラの設定、レタッチなどの勉強になります。

海外の写真家たちの作品を見ていると、目線の動きを気にした写真が多いことに気ずくでしょう。

著作権の関係で、ここでは見本になる写真家の作品を紹介することができませんが、[YouPic]のサイトを見てみると、確かに、手前から奥に目線がいく構図になっている写真が多いです。

海外の写真を見て感じたことをまとめると、次のようになります。

  • 目線の動きを意識した構図になっている
  • 水平線を意識している
  • 集中線の構図が結構多い
  • リフレクト写真も多い

ではせっかくなので、僕が撮影した写真でご説明しましょう。

目線の動きを意識した構図になっている

まずはこちらの手前にボケ感を出して遠くの景色にピントを合わせている写真。

手前にボケ感を出すことで、どんどん奥へと目線が集中します。

次の写真では、S字を意識して奥へと目線の動きを意識しています。

とくに「S字」の動きは、写真を見る人にインパクトを与えるようです。

水平線を意識している

海や湖のように「境界線」が目立つ写真の場合は、水平線を意識している写真が多いです。

これは日本でも写真を仕事にしていると言われることが多く、海外ではとくに水平線を意識した写真が目立ちます。

たとえば、僕が撮影した写真で言うとこちらの写真のように、水平線を意識した写真。

水平線は少しでも傾いていると、なんだか気持ちが悪く魅力的な写真に見えないのは僕だけでしょうか。

集中線の構図が結構多い

集中線とは、画角の中央に向かって集中している線で、このような写真。

画角の端から中央に向かって視線が集中する構図。

この構図は海外ではよく使われていて、街中や線路を撮影する時に使われることが多いんです。

リフレクト写真も多い

リフレクト(Reflect)とは、反映するといった意味があり、水に映った風景を上手に使って上下や左右対象の写真。

たとえば、僕が滋賀の湖で撮影した下記の写真のような感じ。

一般的には上の風景が下の湖(海や川など)に反映された写真をリフレクトと言って、とくに風がなく晴れた日になるとこういったリフレクト写真を撮ることができるんです。

海外の有名な場所でいえば「ウユニ塩湖」のような写真。

こういったリフレクト写真を撮る場合は、水平線を意識して上下対象になるように撮ることで、アートのような写真になります。

ポートフォリオサイトでは見れない反応

こういった海外に向けた写真公開サイトを使う効果として、ポートフォリオサイトでは見れない反応があるんです。

それが、世界中の人からの評価です。

以前に当サイトで『写真家がポートフォリオサイトを作成する3つのメリット』について話したことがあります。

ただそれは、営業ツールの1つとして持っておくと良いという意味で、ポートフォリオサイト単体では拡散する力をもっていません。

少しでも早く撮影した写真の反応を見たければ、写真公開サイトにも写真をアップするべきだと考えています。

僕はポートフォリオサイトは国内向け、写真家公開サイト[YouPic]は海外向けとして使い分けています。

ポートフォリオサイトは1年に1回更新、海外向け写真公開サイトは1週間に2〜3回更新を目安に公開しています。

最後に

商用写真家を目指す者として、モチベーションを維持していくことは大事なこと。

目指すものがなくなるとモチベーションが下がって、日常を楽しく過ごすことができなくなってしまいます。

もちろんモチベーションを維持する方法は人によって違って、今回のように[YouPic]で写真を公開するだけではありません。

モデルを撮影してインスタグラムで公開することでモチベーションが維持できる写真家もいれば、作品を作って個展を開くことでモチベーションを維持する写真家もいます。

そのモチベーションを維持する1つの方法として、海外に向けた写真公開サイト[YouPic]で自分の写真の反応を見ることが、僕のモチベーションの維持というわけなんです。

あなたがもし写真家を目指す者として何か物足りないと感じているなら、[YouPic]で海外に向けて写真を公開してみてはいかがでしょうか。

現在僕は、[YouPic]、500px、1xの、3つのサイトのアカウントに登録していますが、アート写真家から商業写真家になるまでの道を少しずつ進むことができています。

最後に、ひとつの知識としてお伝えしておきます。

情報を取り入れるだけではレベルアップすることはできません。

取り入れた情報を試してみることで、次のステップへの道が開かれます。

試しに僕の[YouPic]アカウントを覗いてみてください。

何かヒントになるものが得られるかもしれませんよ。

[YouPic]Art Photo Ryoのアカウントはこちら

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真家リョウのストックフォトサイト

新着記事

  1. 【東京写真撮影のご依頼】2024年6月と11月の期間限定で東京での写真撮影を募集します

  2. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  3. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  4. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  5. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  6. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  7. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  8. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

TOP