【モデルを魅力的に撮るコツ】モデルによって撮影の仕方を変える

2年で14名のモデルと約20回ほど撮影してきて、モデルを魅力的に撮るコツについて気づいたことがある。

それは、モデルによって撮影の仕方を変えると言うこと。

当たり前のことだけど、モデルにはそれぞれ得意な表現の仕方があって、そのモデルによって撮影の仕方を変えなければいけない。

今回は、モデルの表現の違いとそれぞれのモデルに合った撮影の仕方について語りたいと思う。

モデルは3つのパターンに分かれる

これまでに撮影をさせていただいたモデルを、大きく分けると次のような3つの表現パターンがある。

  • ポージングが得意なモデル
  • 動きが得意なモデル
  • 演技派のモデル

その違いを知れば、モデルと楽しく撮影をすることができるだろう。

ポージングが得意なモデル

ポージングが得意なモデルは、シャッター音に合わせて次々とポージングをしてくれる。

このタイプのモデルは、アパレル系のモデルを経験していたり、企業モデルとしてスタジオ撮影の経験から、カメラのシャッター音に合わせて次々とポージングをするのを得意としている。


モデル : Renaさん

撮影の仕方

ポージングに慣れているモデルを撮影する場合は、撮影1発目のポージングを指示してあげると、その後はシャッターの音に合わせて次々とポージングをしてくれる。

1回1回ポージングを指示するより、モデルのリズムを崩さないように撮り続けることがスムーズに撮影を進めるコツである。

動きが得意なモデル

動きが得意なモデルはシャッター音に合わせるのではなく、ゆったりと風のように動き続けたり、その場で回りながら衣装に動きをつけたりするのが得意なモデルになる。


モデル : Akaneさん

撮影の仕方

動きのあるモデルを撮影する場合は、シャッタースピードを上げて撮れば被写体ブレを防ぐことができる。

だけど場合によっては、あえてシャッタースピードを遅くして衣装のブレや残像を出すと魅力的な写真になる場合もある。

ファッション撮影と言うより、アートな写真を作りたい場合に向いている。

演技派のモデル

演技派のモデルは、撮影テーマを伝えるとその世界を演じることが得意なモデル

例えば、雨の日の憂鬱な感情をテーマに撮影をする場合、どことなく寂しそうな表情をしたり、雨の日のその時の感情を上手に表現してくれる人。


モデル : hachiさん

撮影の仕方

演技派のモデルと撮影をする場合は、事前に撮影のテーマを伝えてお互いのイメージを共有しておくことが重要である。

撮影するコツは、F値を開放(F1.8、F2.8など)で撮るより、絞り(F5.6〜F10)気味で撮る方が背景に馴染んで、映画のワンシーンのような写真を撮ることができる。

僕が撮影する写真の多くは、演技を得意とするモデルと撮影する『シネマティックな写真』である。

モデルを探す方法

モデルを探す方法はいくつかあるが、一番多いのがSNSのDMから撮影依頼をする方法だろう。

ただし、モデルへSNSのDMを送る場合は「撮影させていください」の一言だけでは不安でしかないので、とくに最初のメッセージは慎重に考えなければいけない。

例えば、下記に「悪い例文」と「良い例文」を比べてみみるとわかりやすいだろう。

ー悪い例文ー
「初めまして、ぜひ写真を撮らせてください!」

このようなDMがきたらモデルはどんな想いをするだろうか?

おそらく「何の撮影?」「ギャラは出るの?」「どこで撮影をするの?」「衣装は?ヘアメイクは?」など、不安にしかならない。

ー良い例文ー
「【撮影についてのご相談】初めまして、京都でアート写真家として活動をしているリョウと申します。〇〇さんの投稿写真を拝見しましたが、どの写真も背景にとの違和感がなく写真全体がドラマを見ているような写真で心が惹きつけられました。僕は現在、映画のワンシーンのような写真で、その写真を見た人が未来のストーリーを想像する楽しさを味わえるような写真制作に取り組んでいます。それには写真家である僕のイメージだけでは不完全で、〇〇さんの表現をプラスすることで実現できると感じました。ぜひ、撮影についての条件などお伺いできれば嬉しいです。何か気がかりなことなどあれば遠慮なく言ってください。ご検討をよろしくお願い致します。京都のアート写真家リョウより」

このメッセージは、僕が実際にモデルにDMを送ったことがあるメッセージの一部で、少し硬い印象があるかもしれないが、意外と返信率が高い。

全てのモデルに上記の「良い例」を送っているわけではなく、モデルの投稿コメントを見てDMのメッセージ内容を変えている。

長文が苦手そうだと感じたモデルには、短く伝わる文章を意識したり、条件が多いモデルには「良い例文」より長い文章になることもある。

SNSでDMを送る時に大切なことは、、モデルに不安な気持ちをさせないこと。

モデルが不安に感じるメッセージとは

これまで撮影をさせていただきたモデルから聞いた話だが、次のようなメッセージはとても困るそうだ。

「写真を撮らせてください!」
「格安で写真を撮ります」

このような短文なメッセージは、不安だし不愉快に感じてしまうようだ。

まずはモデルが提示している撮影条件があれば、それをよく読むこと。

その上で撮影に対する想いを伝えると、初対面でも安心して撮影を受けてもらうことができる。

最後に

今回はモデルは3つの表現パターンに分かれることと、モデルを探す方法について話してきた。

それぞれモデルの得意な表現パターンを知ることで、モデルとさらに楽しい撮影をすることができるし、完成した写真を喜んでSNSに投稿してくれるだろう。

SNSのDMを送るときは、簡単な一言メッセージを送るのではなく、写真撮影をする想いやモデルの条件について相談したりして、一方的な条件を提示しないこと。

そして、お互いのイメージを共有しながら何度かDMでやりとりをして、写真撮影をすれば、次も撮影をさせてもらうことができるだろう。

写真撮影
無料相談受付中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アート×写真家リョウ

アート 写真家 リョウ

写真家リョウのストックフォトサイト

新着記事

  1. 【東京写真撮影のご依頼】2024年6月と11月の期間限定で東京での写真撮影を募集します

  2. 【京都の桜】地元『宇治市』の桜をアートに撮ってみました

  3. ストーリー性のある写真が購買意欲を上げて『伝わる写真』になる

  4. 【雨の日の写真撮影テクニック】雨にしか撮れない写真で心を惹きつける方法

  5. 【撮影記録vol.20】京都北山で雨の日のシネマティック写真を撮る

  6. 【撮影記録vol.19】愛犬とお子さんとの思い出の写真をドラマチックに撮る

  7. 【撮影記録vol.18】陶芸家のコンテスト応募用の作品撮影

  8. レトロな写真でドラマを作る。心が惹きつけられる写真のあり方。

TOP