一眼レフでレトロ感を出す設定 | ホワイトバランスと絞りを操る

「レトロな世界を感じる古びた写真にしたい!」

レトロな質感の写真はどことなくオシャレで、部屋に飾っていると心が落ち着く。

レトロな写真は、オールドレンズを使えば簡単に撮ることができるかもしれないが、自分が思っている質感と少し違う。

できることならオールドレンズを使わずに、一眼レフで撮った写真にレトロ感を出したい。

「映画のような質感を出したい」
「心が惹きつけられるレトロでアートな写真にしたい」

それを解決する方法は、レタッチソフトで加工するのがいちばん自由度が高く、オシャレな写真になる。

Adobeの「Photoshop」「Lightroom」や、Skylum(スカイラム)社の「Luminar Neo」あたりを使うことでオシャレでレトロな写真が作れる。

だけどその前に、あなたがどんなレトロな世界をイメージしているのかを明確にする必要がある。

どんなレトロ感をイメージしている?

「レトロ感のある写真」

と言ってもゴールを明確にしなければ、あなたが思うレトロな世界は表現できない。

レタッチに頼らず、ある程度は一眼レフでレトロな下地を作る必要がある。

その上で、味付けにレタッチソフトで加工する。

それが、プロの写真家としての価値になる。

まずは、どんなレトロな世界を表現したいのかをイメージしてみてほしい。

僕がイメージするレトロな世界

例えば、僕が意識しているレトロな世界は、洋画の「幻影師アイゼンハイム引用元 : 映画.com)」のような質感である。

画面全体がほんのり暗く、画角の四隅に薄い黒の円形のフィルターを重ねて、古いフィルムの質感を表現している。

このように、あなたがイメージしてるレトロな世界に近いもの、あるいは「この質感出したい」と思う見本になるものを探して、それを参考にすることが魅力的なレトロな写真にする近道である。

僕のように映画を参考にしてもいいし、写真集でもいい。

他にも、SNSやサイトで探す事もできるだろう。

見本の質感を分析する

参考にする「レトロな質感」を見つけることができたら、その質感について分析してみる。

分析する方法として、次の項目を意識して考えると、だんだん「レトロ感」を出す方法が見えてくる。

  1. ホワイトバランスは赤より青より?
  2. 絞り(F値)は開放気味か絞り気味か?
  3. 明るさはどれくらい?
  4. どんな加工をされてる?

ホワイトバランスは赤より青より?

ホワイトバランスとは「色温度」のことで、写真に赤味を出したり青味を出したりするための設定項目。

写真を撮った後、Photoshopでもホワイトバランスを細かく調整することができるが、できるだけ撮影時に一眼レフの設定で決める方が、撮影技術は向上する。

一眼レフのホワイトバランスの設定について詳しく解説している記事があるので、そちらが参考になるだろう。

絞り(F値)は絞りか開放か?

絞り(F値) とは、カメラに光を取り込む量を調整する設定で、「絞り気味で」とか「開放で」のような言い方で使われることが多い。

「絞り気味で」と言われたら、F値の数字を大きくする。(F8、F11など)
「開放で」と言われたら、F値の数字を小さくする。(F1.8やF2.8など)

最初は少しややこしく感じるが、次のように覚えておくといいだろう。

F値の数字を大きくする」→光を取り込む量が少なくなって暗くなり、背景のボケ感がなくなる。
F値の数字を小さくする」→光を取り込む量がい多くなって明るくなり、背景のボケ感が強くなる。

どれくらいのボケ感が目安なのかは、その時の環境や被写体と背景の距離によって違うので、実際に撮影して覚えるしかない。

参考にしている「レトロな質感」を見て、背景にどれくらいのボケ感があるのか、明るさはどれくらいなのかをじっくり研究してみよう。

明るさはどれくらい?

大体のレトロな質感は「ほんのり暗め」になっていて、明るい部分と暗い部分の差がそれほど強くないことがわかる。

明るさの調整は、一眼レフの設定項目で「ここを調整する」と言いきることが難しい。

なぜなら「シャッタースピードを遅くしたり、絞りを開放(数字を小さく)にしたり、ISO感度を上げたり」など、色々な方法があるからだ。

一般的には、シャッタースピードと絞りの組み合わせで明るさを調整する。

できればISO感度は「ISO/100〜400」あたりで設定するが理想だが、暗さが物足りないと言う場合は、適正露出のメモリを「-1、-2」のように下げて暗さを調整するといいだろう(適正露出についてくわしくは、後日に改めて解説する予定)。

参考にしているレトロな質感の明るさをじっくり研究してみると、どこを調整すればいいのかが見えてくる。

どんな加工をされてる?

どんな加工がされているのかと言われても、写真を加工することに慣れていなければ、どんな加工がされているのかがわからないもの。

なので、下記に見てほしいポイントをまとめてみた。

  • ノイズがどれくらい出ているか
  • コントラストはどれくらいか
  • フィルターはかけられているか

この3つを軸に意識して見てほしい。

ノイズがどれくらい出ているのか

最近の一眼レフはとにかく画質が良く、モデルも喜ぶほど綺麗で明るい写真が撮れるようになっている。

もちろん、写真家の技術もそれに合わせて上がってきている。

だだ古びた写真風にする場合は、一眼レフの設定だけでは難しく、AdobeのPhotoshopを使ってノイズ調にする方法が用いられることが多い。

映画の質感のように劣化した感じに加工する方法について解説している記事があるので、そちらを参考にしてみてほしい。

コントラストはどれくらいか

コントラストの強弱は一眼レフの設定でもできる。

例えば、Canonの一眼レフの場合は、ピクチャースタイルの「コントラスト」を調整すれば、ある程度は古びた写真のような感じにすることができるが、味付け程度。

下記の写真は、一眼レフの設定だけでレトロ感を出した写真。

当記事のサムネイル画像にも使用しているが、この時の一眼レフの設定は次のような感じだ。

  • ピクチャースタイルのコントラストを「+2」
  • 絞りの数字を小さめで開放気味「F2.8」
  • ISO / 100、シャッタースピード「1/500」

そうすることで、画角の周りにほんのり黒いぼかしフィルターの効果ができていて、レトロ感が出る。

もちろんその時の環境や光の強さによって設定は違ってくるので、何度もテスト撮影をして感覚を覚えるしかない。

最終的には、Photoshop、Lightroom、Luminar Neoで味付けするとオシャレなレトロ感が出る。

フィルターはかけられているか

SNSなどで聞き慣れていた「フィルター」。

フィルターとは、色調変化やモノクロなど写真に加工を施す機能のこと。

現在はスマホでも簡単にフィルターをかけることができるが、レタッチソフトと比べると自由度は低くなる。

例えば、下記の「VSCO(ヴィスコ)」と言うアプリも有名で、ワンクリックでオシャレなレトロ感のあるフィルターを適用できるものもある。

VSCOは無料でも使えるが、フィルターの種類に限度がある。

有料版にするとフィルターの数も増やせる。

だけど有料版にするなら、PhotoshopやLightroomやLuminar Neoを購入した方がお得。

プロの写真家を目指す場合は、レタッチソフトを持っておけば仕事につながりやすくなる。

分析したら練習を重ねるのみ

「レトロな世界」を分析することができたら、一眼レフの設定をいろいろ変えて撮ってたり、アプリで加工してみたりを何度も繰り返す。

偶然、一眼レフの設定だけでレトロ感が出る場合もあるが、最終的にレタッチソフトで調整することになる。

その場合にオススメのソフトがこれまでに挙げた、Adobeの「Photoshop」「Lightroom」、Skylum(スカイラム)社「Luminar Neo」である。

上記の3つのレタッチソフトは、プロの写真家やデザイナーなどが使用している、定番の写真編集ソフトである。

それにレタッチのスキルを身に付けることで、写真の仕事以外にもデザインに関わる仕事にもつながる。

レタッチソフトを使用することで、目指しているレトロ感のある写真に加工することができるだろう。

最後に

今回は一眼レフでレトロ感を出す設定方法について話してきた。

何もないところからレトロ感のある写真にすることは難しく、まず参考にしたい物を見つけて分析し、それを目標にする方が写真の技術はどんどん上がる。

プロの写真家の質感を分析してもいいし、お気に入りの映画の質感を参考にしてもいいだろう。

何か目標がある方がモチベーションも上がるし、その分析の楽しさが、さらに新しい質感を求める気力にもつながる。

写真家に大切なことは、思い描いている世界をどのように写真に落とし込めばいいのかを常に追求し、自分らしい世界を表現すること。

そして、プロの写真や好きな世界を再現すてみようという意識をもつ、つまり「TTP」を意識すること。

ちなみに「TTP」とは「徹底的にパクる」と言う意味で、マーケティング業界でよく使われている言葉。

成功した写真家の写真を分析して、その世界観を「徹底的にパクる(TTP)」。

ただここで間違えてはいけないのが、成功した人の技術を丸々パクるのではなく、それを参考に自分らしい要素を掛け合わせると言うこと。

ただパクっただけだと、クレームになって写真業界から追放されてしまうので、あくまでも参考程度にパクること。

そうすれば、オリジナリティーのある写真作品へとつながり、ファンを増やすことができるだろう。


ほんのり暗めだけど心が惹きつけられるストーリー性のある写真を公開中

▶︎https://www.instagram.com/ryo_creativephoto/(インスタグラム)
▶︎https://note.com/artphotoryo/(note)
▶︎https://artphotoryo.myportfolio.com/(ポートフォリオサイト)


京都、滋賀、奈良、大阪の出張写真撮影サービスについての無料相談・お見積もりはこちら

写真撮影のご依頼前に

写真撮影のご依頼前に、撮影についてのご相談、お見積もりを無料でさせていただきます。

ホームページ制作に使用する写真、商品写真、イメージ写真、プロフィール写真、カップルフォトなど。

写真納品後もサイト運営、SNS運営についてのご提案もさせていただきます。

京都、滋賀、奈良、大阪が主な対応地域ですが、交通費、宿泊費用などお支払いいただけたら、遠方でもご対応させていただきます。

京都 写真撮影 費用
京都 写真撮影 費用

価値を高める写真をクライアント様と共につくり、ユーザー様へお届けいたします。撮影に関するご相談、お見積もりは無料。下記よりお問い合わせください。

\今すぐご相談・お見積もり/
写真撮影の相談 お見積もり

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP